ネット世界と現実世界

ネットの世界での付き合いは現実の世界ではありません。
お互いの申告と想像で、お互いの世界の中で付き合うわけです。

ある意味真実ではなく、虚像と言うことになるのかも知れません。
でも、出会い系サイトのように、
ネットの世界から現実の世界に移行していくとうものです。

これってよく考えると、とても大変な問題なのです。
今までネットの世界ではお互いの世界の中だけの問題だったのです。
ある意味虚像の世界の相手だったわけです。

それが共通の現実の世界での出会いに変わっていくわけですから、
そこにはギャップもあるでしょう。
そのギャップがいい物だったらいいのですが、悪いギャップだったら
、現実にはうまく行かないということもあるわけです。

そこにはネットで付き合ってときの相手に対するイメージと、
現実に会ったときのイメージのギャップということになるのです。
悪いイメージを持たせてしまうと会う事になりません。
でも、現実とのギャップがあり過ぎると、
今度は現実では続かないことになるのです。

つまり、ネットの世界と現実の世界を、
またがらなければならない出会い系サイトって、
意外と難しいところがありますね。
どうにかギャップの差を縮めながら現実の世界に、
移行できていくように考えたいですね。