プロフィール年齢と実年齢が違うケースも

出会系アプリでは、女性のプロフィール年齢と実年齢が異なるケースも少なくないのです。
もちろん、30歳の人が28歳と嘘をつくなど、実年齢よりも低い年齢をプロフィールに書くケースもあります。
ただ、それぐらいなら可愛いものですが、問題なのは実年齢よりも上の年齢で偽るパターンです。

例えば、16歳にも関わらず20歳とプロフィールに記載する女性もいたりするのです。
原則として出会系アプリは、18歳未満は利用することができないため、年齢を偽って登録をしているのです。

18歳未満は利用できないとはいえ、厳格な年齢確認を行うサイトは少ないですから、18歳以上と偽ることで簡単に登録ができてしまうのです。
それによって、出会系アプリには多数の18歳未満が潜んでいる状況になるわけです。

もしも、実年齢が18歳未満の女性と出会って、淫らな行為をしてしまうと非常に面倒なことになります。
たとえ18歳未満だと知らなかったとしても、行為に及んでしまった以上は、条例違反として罪に問われる可能性もあるわけです。

また、もし行為にまで及ばなかったとしても、18歳未満で夜遅くまで一緒に過ごしたり、家に泊めてあげたりした場合も、後々面倒なことになりかねません。
つまり、どんな状況であれ18歳未満と付き合うことは、それなりにリスクが高い行為だと言えるのです。

ですから、若い女性と出会った時には年齢確認はしっかりと行うべきでしょうし、まして見た目からして幼い感じがするのであれば、相手が実年齢を証明してくれない限りは、付き合うのは避けるべきだと言えるでしょう。

無駄に粘るよりも諦めて切り替えることが重要

どうしても恋愛というのは、成功することもあれば失敗することもあります。
出会系アプリの場合でも、それは同じことが言えるのです。

せっかく出会系アプリを通じて仲良くなったのに、突然別れを告げられたり、あるいは関係を断ち切られてしまうことも多いのです。
そんな時に、こちら側は2つの選択肢を選ぶことになります。

1つは、ここで諦めずに粘り続けることによって、関係を修復させて元に戻す選択です。
確かに、諦めずに説得をしたり話し合いを続ければ、相手もまた今までのように接してくれるかもしれません。
ただ、少なくとも相手が別れを告げたということは、関係を戻すのはかなり難しいと言えるのです。

もう1つは、きっぱりと諦めて次に切り替えるという選択です。
ここで無理に粘って時間を無駄にするぐらいなら、別れをすんなりと受け入れて、新しい出会いを探した方がいいかもしれないのです。
修復できる確率と、新しく出会える確率を天秤にかけた場合、明らかに後者の方が高いと言えるわけです。

だからこそ、引き際をしっかりと見極めて、必要以上に悪あがきはせずに、気持ちを次へと切り替えることが重要なのです。
恐らく、出会系アプリを利用していれば、そのようなシチュエーションはいくらでも出てくるでしょうから、自分にとって最善な判断をするようにしましょう。

もちろん、諦めるべきではない状況であれば、その時はもう少し粘ってもいいでしょうし、あくまでも状況判断が大事だと言えるのです。
それがしっかりとできるような人が、出会系アプリでの競争に勝ち残れるのです。

定額制という利点を最大限に活かすために

定額制の出会系アプリは、お金こそかかるものの料金は固定されているわけです。
それこそが最大の利点でもあるわけですから、それを最大限に活かせるように行動していくようにしましょう。

例えば、ポイント制のサイトだとメールを10通も送れば、それだけで1000円近いポイントを消費することになるわけです。
それが20通や30通になれば、あっという間に定額制の月額料金に達してしまうことになるでしょう。

しかし定額制なら、たとえ100通や200通メールを送ったとしても、月額料金以上を請求されることは一切ないのです。
ですから、ポイント制のように金銭面を心配する必要は一切ないですから、興味を持った相手にはどんどんメールを送ってみるといいでしょう。

また、無料サイトよりも利用者の質も高いですし、サイトの治安もよく荒らしやイタズラ行為もほとんどありません。
したがって、より素晴らしい環境の中で出会いを探すことができるわけですから、それも定額制だからこその魅力なわけです。

このような定額制サイトの利点を最大限に活かすためにも、できるだけたくさんの異性にアプローチをして、積極的にコミュニケーションを取っていくようにしましょう。
もちろん、便利な機能があればそちらも積極活用して、少しでも出会いのアシストになるなら有効利用していくといいでしょう。

また、いくら定額制とは言えども、何ヶ月も利用しているとそれなりの負担になると思うので、できることなら短期間で出会いを見つけたいところです。
それには、目の前のチャンスを逃さずにチャレンジしていくことが大事だと言えます。

誘っても断られた時にどうするのか

出会系アプリで非常に親しい間柄になったのであれば、出会いやデートのお誘いをすることになるでしょう。
やっぱり、実際に出会うことで全てが始まるわけですし、ここで勇気を出して誘わないと前には進めないのです。

ただ、もし誘っても相手に断られてしまったら、どうすればいいのでしょうか?
この場合、まず断られた理由や原因から探る必要があります。

例えば、自分ではかなり親しい間柄だと思っていても、実は相手はそう思っていない可能性もあるわけです。
相手からすれば、少し仲の良い関係ぐらいにしか思っていないかもしれないので、両者の考えにギャップが生じているわけです。
もっとも、この場合はその後も根気良くやり取りを続けていけば、次に誘う時には応じてもらえるかもしれません。

他の理由としては、もしかしたら相手に出会う気が全くないかもしれないのです。
すでにこちらに対して魅力を無くしており、ただ何となくやり取りを続けているだけかもしれないわけです。
こちらのケースだと、正直やり取りを続けても出会える可能性は極めて低いでしょうから、諦めて他の相手を探した方がいいでしょう。

ただ、一体上記どちらの理由なのか、それともまた他に原因があるのか、そこが判断できないケースも多いと思います。
相手の反応やリアクションから察知できる可能性もありますが、曖昧な感じで断られてしまうと、どのパターンなのかが分からなかったりするのです。

かと言って、相手に対して「何で会ってくれない?」としつこく聞いてしまうと、それこそ嫌われる要因になりかねないので、結局は自分でこれまでの経緯も踏まえて判断しないといけないのです。

女性はどうして選ぶ?

出会系アプリで女性に出会うためには、まずメールを送らなければ始まりません。
出会いの可能性を高めるためには、できるだけたくさんのメールを複数の女性に送るのがよいといえます。
しかし、有料サイトを利用している場合は一通ごとに料金の支払いが必要となりますし、無料サイトといえども手間暇が掛かってしまいます。
したがって、手当たり次第に送るのではなく「これは」と思う女性何人かを選び出してアプローチする必要があります。
女性を選ぶ場合、自分のタイプであるか、話しやすそうか、出会える確率が高そうか、といった点に注目している人が大半かと思います。
それらに加えて、相手の住んでいる地域というのも重要なポイントとなることを忘れないようにしましょう。
出会系アプリでの最終目的は実際に会うことです。
いくら自分のタイプでいろいろな条件を満たす女性であっても、あまり遠距離に住んでいては会うのは難しくなってしまいます。
そこで活用したいのが、ほとんどの出会系アプリで採り入れている「検索機能」です。
この機能を使えば、自分の希望のタイプや条件を入力して検索すればそれに当てはまる女性会員が瞬時にピックアップされるので、自分の条件にあった女性を見つけることは簡単です。
ただし、あまり欲張っていろいろな条件を入れ過ぎると当てはまる相手がいないという結果が導き出されてしまうのでご注意を。
また女性を選ぶ場合、プロフィールを参考にする人も多いかと思いますが、プロフィール写真には気をつけなければなりません。
中には風俗関係の女性やサクラが掲載しているケースも少なくないことを認識しておきましょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.